高校時代の生徒会での経験や思い出

高校に入学して、特にやる事もなく、やりたい事もなくただぼーっと学校生活を送るだけでした。
クラブにも入らずに毎日何もせずに過ごしていた時に担任の先生から「生徒会に入ってみないか」というお誘いを受けました。
初めは悩みましたがやりたい事もなく時間だけはあったので生徒会に立候補し当選しました。
一年目は美化委員長を任され学校の清掃や学校の掃除道具の管理などを行いました。
地域のボランティア清掃なども行い、学校や地域には貢献できたと思います。
二年目には生徒会長に立候補しないかというお誘いを受けました。
これこそ迷いました。
自分に出来るような職なのか、なったとしてこなしていけるだろうか。
先生は1年間僕を見てきて、委員会の仕事をしっかりこなせて次の生徒会を託せると判断して僕に話してくれたそうです。
この思いに応えたくて生徒会長になりました。
今まで、委員会をまとめるだけだった仕事が学校に存在する委員会全ての統括に変わり、また学校代表として様々な講演会などにも参加するようになりました。
イベントの設営、運営、生徒からの意見の検討。
時には生徒から嫌われる事もあり辞めてしまいたいと思うこともありました。
だけど、周りの支えもありなんとか生徒会長としての仕事をやり遂げ、卒業することが出来ました。
あの時の自分がなかったら今の自分は無かったんじゃないかと思う時がまれにあります。
努力が実を結ぶのには時間がかかる。
そういった事を学べた高校時代でした。女性ホルモンを増やしたいけどおすすめサプリは?

なんで、約束の時間間際に言ってくるの?

今年入社してきた新人君のお話です。
新人君のスキルに見合った仕事を見繕いつつ、あまり簡単にできても成長につながらないので、少しスキルより高めの仕事を与える様にしています。
もちろんわからないこともあると思うので、その際には遠慮なく相談しに来なさいとは伝えています。完成した際にも報告しにくる様に伝えています。
俗にいう報連相ですね。合同研修の場で耳にタコができるくらい聞いているらしく、それまではきちんとできていましたので、特に問題はないだろうと思っていました。
しかし先日の出来事です。私は忙しくて猫の手も借りたい状況でしたので、その新人君にちょっと難し目の仕事を与えました。
もちろん、どこまで把握しているかがわからないので、わからない様であればすぐに相談にくる様にということと、遅れることは許されないという意味を込めて、今回与えた内容は課題や演習ではなく、実務であるということを伝えました。
その後、新人君は静かに作業に着手しました。私も多忙だった為、困ることがあれば相談に来るだろうと思い、自分の仕事に専念しました。
すると締切時間として伝えていた時間の5分前に、新人君がやってきました。
「完成しました。」という報告かと期待していたところ、彼から発せられた言葉は「なんかうまくいかないんですよ。」というある種の相談でした。
作業指示を言い渡してから、3時間経過していました。それまで相談もなくただひたすら悩んでいたそうです。
あっけにとられていると、締切時間を迎えてしまいました。
実務であることを伝えていたのにも関わらず、遅延することを問題に思っていないこの呑気な姿勢に「イラッ」と来てしまいました。
「締切時間があるのに、何故相談にこなかったの?」
「なんとかできると思ったんです。」
「結果、締切時間に間に合ってないよね?」
「それはそうなんですけど・・・。」
と何か言いたげで、まるで自分が悪くないとでも言いたそうな態度に、更に「イラッ」としました。
別日に、当件に関して細かく聞いてみると、自分の力で仕事を達成したかったとのこと。
その気持ちは重々わかるのですが、できなかった時のリスクを考えつつ、何を一番大切にしないといけないのかをよく考える様に指摘しました。
新人君からすると、仕事に対する最優先事項は、自己満足感を得ることなのかもしれません。
今後は細心の注意を払いつつ、イラっとさせられない様に育てていきたいと思っています。めっちゃぜいたくフルーツ青汁を使っています。

某スーパー、職場の外国人お局さん

某スーパーのベーカリー部門に10年勤めている外国人40代女性(仮にAとします)。
私が勤め始めの頃のAの印象・・・とにかく気さくで仕事中も色んなプライベートの話、職場の噂話など
ケラケラと笑いながら話していたので、悪い印象はなかったです。

が、ある日出勤した私がいつも通り「おはようございます」と挨拶をすると
Aは開口「ねえ!!」と誰でも分かるほどご立腹の様子。
理由はお客様からのクレームで苛々していたようで
その日は一日中ご機嫌斜めで私が作業に集中しAの言葉が耳に入らなかったところに
「ねえ!聞いてるの!」から始まり、仕事とは全く関係のない事で攻撃してくるように。

あまりに酷く耐えられなかったので上長に相談したところ、
「実は今までのパートさん達もあの人が原因で皆辞めちゃったんだよねぇ」と。
この衝撃の事実は職場の全員に周知しており、知らないのは当の本人だけ。

仕事は早いのですが、あくまでも表面上。衛生面も全くなっておらず、会社のルールにも則っていませんでした。
そんな中で大好きな仕事をこなすのも、彼女の顔色を伺いながらのしごとは兎に角苦痛でしかありません。
なのでAの公休日のみ出勤しますと上長に伝え、了承していただきました。
するとAはおかしいと思ったのか、わざわざAの休日に職場に乗り込んできて
お客様がいる中大声でご立腹。
上長が止めるも埒が明かないので裏口で話し合いをすることに。
午前中の一番忙しい時間帯にわざわざ来て、何を言い出すのかと思えば・・・
「あんたとは二度と仕事したくない!もう来なくていいから!
あんたのためにどれだけ私が我慢したと思ってるのよ!!」と顔を真っ赤にして怒鳴られました。
こちらが何を言っても会話のドッジボール状態なので
私が「Aさんは自分の言いたいことだけを言いに来たんですか?それなら忙しいのでもういいですね」
とだけ伝えて強引に作業場へ戻り、残されたAは何か叫んでいましたが
こちらも我慢の限界とはいえ、職場なのでぐっと堪えました。

その後もAは自分の思い通りにならないと怒鳴り、泣きを繰り返してますが
未だに辞める事はしません。
せっかく大好きな職種なのに、一人のお局さんとの関係が上手くいかず
一時は本当にどうにかなってしまいそうでしたが、周りのフォローもあり
耐えつつ作業をしておりました。DCCって効果ないの?

いかに時間を有効に面白く使えるか!それが利益を効率的に稼ぐ方法

私は正社員としてはたらく20代だ。毎日残業続きが多いので、休みはいかに間隔を有効に面白く使えるか考えて行動しています。たまには毎日中寝たいと思いますが、やっぱり自分のお忙しい分、休みは朝から深夜まで好みやレクリェーションを楽しんでいます。こないだの休暇は午前6時折眼が覚め、好みですハンドメイドアクセサリーを頂きました。ファッションだったりかざりだったり、とにかく自分で何かを仕立てることが大好きなので、気づくと真昼なんてこともしばしば…。そしてショップが解く時間になると必ずTSUTAYAに行きます。最近のTSUTAYAは、喫茶店が店内にあってその喫茶店の中にTSUTAYAの文献を持ち込むことができるので、何冊か読みたい文献を持って喫茶店しながらリーディングしています。書店なのでガチャガチャとした背景も無く、ゆったりとコーヒーを呑みながらリーディングができるので、休暇には最高の話し方だ!また、私はDVD拝見も大好きなので夕方くらいから行きます。友達と考えが見合うときは一緒にいきますが、1人のときも多いです。大好きなポップコーンを食べながらのDVDも最高ですね!最近では4DXといって、程形成に揺れたり実際に独特が吹いてきたりと、DVDが1つのアトラクションのようになっています。DVDを見終わると家に帰り、ゆっくり身内との時間も過ごしています。休暇をゴロゴロして話すのはもったいないと感じてしまうので、朝から間隔を有効活用して思いっきりリフレッシュしています!